看護レベルの違いとスキルアップ

 看護師が密接に関わる医療の現状の課題として掲げられるのが、看護レベルの違いです。現場によって看護レベルの差異が大きく、どの病院に行くかによって受けられる看護に違いが生じているのは大きな問題となっています。患者にとっては、どの病院に行っても同じレベルの看護を受けられるのが望ましいものの、現実的にはそれを実現するのは難しいでしょう。
 しかし、一定レベル以上の看護を常に実現できるように看護師のレベルを引き上げていく事は重要な観点です。このような課題が存在している事を認識している看護師は多いものの、実際に何をすれば良い分からずにいる場合が多いのが実情でしょう。組織的に、解決に向かう取り組みは積極的に行われています。
 スキルアップの機会として研修やセミナーが頻繁に行われているため、それに個人レベルで積極的に参加するのが解決策となるでしょう。現場が時間的に参加を許可してくれないケースもあるものの、徐々にその認識も変わって積極的にスキルアップを支援する傾向が生まれてきています。参加費を負担したり、出勤扱いでセミナーに参加させてくれたりする支援を行う病院も多くなってきているため、それを個人でも積極的に利用する意識が大切です。
 看護師がそれぞれ看護レベルの問題について意識して、積極的に自分のスキルを高めていく事が最も効果的な解決策になるため、個人レベルでの意識の向上を図るのが重要課題となっています。