現場における看護師の地位の向上

 現代の医療における課題として掲げられているものの1つが、患者の声を反映させた医療の実現です。プロトコル化が進んで一様の治療や看護を行うのが一般的になったものの、比例して機械的に対応されている事に患者が不満を持つようになってきました。その課題を解決するために、患者の声に耳を傾けていく事が必要になっているのが現状です。
 その担い手として有力候補になるのが看護師であり、患者に最も近い位置にいるスタッフとして注目されるようになりました。患者が安心して話をする事ができる唯一のスタッフである事も多く、医師に話せない事も看護師になら話せると言う患者も多いのが事実です。
 そのため、コミュニケーションスキルの高い看護師の確保が病院では大きな課題として掲げられています。より患者に望まれている形で医療を行うには看護師の寄与が不可欠であり、現場での地位も着実に向上してきているのです。医師のサポートをする存在として認識されていたのは、昔の話と言えるでしょう。その役割を果たすのも依然として重要ですが、それ以上に患者とのコミュニケーションによって声を現場に浸透させる役割が求められているのです。
 今や看護師なくしては適切な治療も看護も実現できない状況ができており、しっかりとした自覚を持って働く事が看護師に求められています。現場での地位が高まった事により、責任が重くなった分だけやりがいも大きくなっていると言えるでしょう。